売りたい方へ

不動産売却の流れ

(1)ご相談・価格査定・売却価格決定

不動産売却・査定をお考えの方
予定通りの期間内に売却するためには、その物件を探しているお客様にとって納得出来る価格を設定することが肝心です。 そのためには プロの冷静で客観的な判断が必要 です。 ご売却物件を様々な観点から調査し、適正な価格をご提案いたします。 この場合の査定価格とは通常の営業活動で3ヶ月程度で売却が可能な価格で、 近隣の同程度の販売物件よりも少し低い額になります。売却価格はこれを参考に検討、決定します。
また、付帯設備等がある(照明器具やエアコンなどを付けて
売却する)場合、書面で決めておきます。
これがセールスポイントになることもあります。
住宅ローンの借り入れがあるときは、元金の残りを金融機関に確認しておきましょう。
当社では、売り出しのタイミングや、幅広いメディア、ネットワークを活用した購入希望者へのアプローチなど、出来る限りのお手伝いを致します。

(2)ご売却のための媒介契約

ご売却を決められましたら、お客様(売主様)と売却依頼の契約を結びます。
媒介契約には以下の3種類があります。
専属専任媒介契約 1社のみに売却を依頼
専任媒介契約
一般媒介契約 複数の不動産会社に売却を依頼
専属専任媒介契約と専任媒介契約の場合、不動産会社は1~2週間に1度以上、文書により営業報告をする義務がありますので、ご売却物件に対する問い合わせ状況や反応、 あるいは広告などを含めた 売却営業活動の経過報告等を致します。 一方、一般媒介契約の場合はその営業報告の責務はありませんが、 当社ではこまめに報告を致しております。

(3)現地見学(購入希望のお客様にご覧になって戴きます)

購入希望者が現れましたら現地物件をを見ていただくことになります。 物件の第一印象は 購入するかどうかの判断材料として、とても重要な要素です。
敷地の境界を明確にしておくことと、建物の内外部の清掃・整理整頓等、 出来る限りのメンテナンスを しておきましょう。

(4)不動産売買契約(ご売却)

物件情報は「生もの」です。新しい情報をいかにして沢山入手するかというのが重要です。 物件情報を効率よく入手するためには、不動産情報誌や各種メディア等を活用するのが良いでしょう。 当社では《住まいの情報誌にいがた》をはじめ、インターネット上でも新しい情報をどんどん追加しております。 当社で情報提供料金は一切頂きません。 住まいの情報誌にいがた、インターネット検索、お問い合わせフォームやメールによるご質問、 すべて無料です!

(5)物件引き渡し準備と抵当権の抹消

ご売却物件に住宅ローンやその他の抵当権などがついている場合は、抹消手続きを行い、 残金の受領日までに引っ越しを済ませます。 権利証、実印、印鑑証明、住民票等が必要 です。

不動産査定無料
残金を受け取り登記申請が住むと、物件のお引き渡しになります。 基本的に売り主様は瑕疵(かし)担保責任いうものがあります。 ご売却の物件に瑕疵(キズ 、雨漏り 、シロアリの被害 、建物の主要構造部の木部の腐食 、 給排水設備の故障など)があった場合、 売り主様には 修復の義務がありますので、事前にこれらの確認点検が必須です。
ただし、 現状に瑕疵がある旨を買い主様に伝えてあり、買い主様がそれをご承知の上で購入した場合は、 売り主様には瑕疵担保責任はありません。
また、 売却した年の翌年に確定申告を してください。 マイホーム売却の3000万円控除や買い換えの特例の適用、売却損がある場合の所得税還付等は確定申告をしないと適用外になってしまいますので注意が必要です。